CS版解説書  [医療系機能編] 生存時間分析 Vol-1 ST001B




Stataには生存時間分析に関係するコマンドが多数用意されており、ノンパラメトリック/セミパラメトリック/パラメトリックな解析手法を支援しています。Vol-1では生存時間分析に関する基本事項とノンパラメトリックな分析機能について解説を行います。セミパラメトリック、パラメトリックな分析機能についてはVol-2 (ST002) をご参照ください。

なお、ROC(受信者動作特性)分析機能については解説書 EP001 をご参照ください。

以下のような構成となっています。

#  タイトル  記載内容 ページ数 評価版 
1  生存時間分析の基本  各分析手法の概要と用法 33
2  生存時間データの初期設定  stsetコマンドの機能と用法 19  
3  ノンパラメトリックな分析  sts系コマンドの機能と用法 13
4  グラフ作成機能  sts graphコマンドの機能と用法 9  
5  リスト出力機能  sts listコマンドの機能と用法 6  
6  等値性検定  sts testコマンドの機能と用法 19  
7  生命表  ltableコマンドの機能と用法 14  
8  生存時間の信頼区間  stciコマンドの機能と用法 13  
9  生存時間データの記述  stdescribeコマンドの機能と用法 7  
10  要約統計情報  stsumコマンドの機能と用法 9  
11  日付/時間情報の入力  文字列データからの変換方法 9  
     合計: 151  


ページへ戻る