CS版解説書  [SEM編] 構造方程式モデリング Vol-2 SE002B




本解説書は線形SEM機能を提供するsemコマンドの用法を多岐にわたって紹介するものです。

構成は次のとおりです。

#  タイトル  記載内容 ページ数 評価版
1  example 1  測定モデル(単一因子) 13
2  example 3  測定モデル(複数因子) 9  
3  example 4  適合度指標 6  
4  example 5  修正指数 6  
5  example 6  線形回帰 6  
6  example 7  非再帰的構造モデル 10  
7  example 8  係数の検定と制約の付加 11  
8  example 9  潜在内生変数を含むモデル 11  
9  example 10  MIMICモデル 10  
10  example 11  Bentler-Weeks形式 6  
11  example 12  見かけ上無関係な回帰 (SUR) 6  
12  example 13  方程式レベルのWald検定 3  
13  example 14  予測値 6  
14  example 15  高次CFA 7  
15  example 16  相関の検定 7  
16  example 17  相関のあるuniquenessモデル 7  
17  example 18  潜在成長モデル 9  
18  example 20  グルーピング 9
19  example 21  グループレベルの適合度指標 3  
20  example 22  グループ間での等値性検定 4  
21  example 23  グループ間での制約の付加 7  
22  example 24  信頼性 9  
   合計: 165  


ページへ戻る