CS版解説書  [基盤系機能編] 関数/テーブル系機能 BR04A




本解説書では関数、及びテーブル作成といった普遍的な機能についてその用法を記述しました。

以下のような構成となっています

NEW:   17A版での新規追加
#  タイトル  記載内容 ページ数 評価版
1  関数群概要  代表的な関数とその用法 20
2  数学関数  代表的な数学関数の機能と仕様 5  
3  プログラミング関数  代表的なプログラミング関数の機能と仕様 3  
4  乱数発生関数  代表的な乱数発生関数の機能と仕様 5  
5  統計関数  代表的な統計関数の機能と仕様 28  
6  文字列関数  代表的な文字列関数の機能と仕様 5  
7  日付/時間関数  代表的な日付/時間関数の機能と仕様 6  
8  テーブル作成機能の紹介 NEW  新tableコマンドの機能概要 4  
9  一元のテーブル作成 NEW  table onewayコマンドの機能と用法 12  
10  二元のテーブル作成 NEW  table twowayコマンドの機能と用法 13  
11  要約統計情報のテーブル化 NEW  table summaryコマンドの機能と用法 13  
12  要約統計情報のテーブル化  tabstatコマンドの機能と用法 6  
13  一元度数分布表の作成  tabulate onewayコマンドの機能と用法 8  
14  二元度数分布表の作成  tabulate twowayコマンドの機能と用法 18  
15  要約統計情報のテーブル化  tabulate, summarize()コマンドの機能と用法 5  
16  テーブル作成機能  tabdispコマンドの機能と用法 10  
     合計: 161  


ページへ戻る